News

お知らせ

 

2020.06.29 | 実績・実例

国内最大手のケーブルテレビ事業運営会社の番組企画をオンラインで実施

2020年6月28日(日)に、国内最大手のケーブルテレビ事業運営会社の番組企画のイベントをオンラインで開催し、弊社は制作・運営を担当しました。

このイベントは、ココリコ田中直樹さんをナビゲーターに迎え、企業、行政、大学と連携し、環境保護を推進していくプロジェクトです。

今回コロナ禍の児童学習の官民連携のサポートとして初めて開催するオンライン校では、合計200組の小学生以下の子どもとそのご家族が参加し、ゲスト芸人のミキのお二人も交え、ビデオ会議アプリZOOMで繋がり、参加型クイズや番組ならではの動画を通して生き物の魅力や地球環境の今を学びました。

イベント本番では、動物に関する〇×クイズや、サンシャイン水族館のアシカの飼育映像、東武動物公園で一番人気のホワイトタイガーがエサを食べる貴重な映像、上野動物園で今年2月に37年ぶりに産まれたキリンの赤ちゃんヒカリがミルクを飲んでいる映像を通じて、普段見ることができない水族館や動物園の裏側から動物の素顔を学びました。
そして、キリンの首の長さに関するクイズコーナーでは、ココリコ田中さんが実際にキリンの首と同じ長さのバルーンを使ってその長さを実感してもらいました。


ほとんどの子どもたちが初めての経験というオンライン・イベント。
話すタイミングなどリモートならではの難しさに戸惑いながらも楽しく参加できたようで、子どもたちが好きな動物のぬいぐるみや、実際に飼育している生き物を見せてくれるなど、オンラインならではの楽しい場面が盛りだくさんのイベントとなりました。
中には、田中さんの動物の解説に対して「そうだよ!」と即答する子供も現れ、田中さんもタジタジとなる面白い一面も!

また、ココリコ田中さんも「オンラインだからこそ、全国の方とご一緒できたような気がします!このような形で全国の皆様と繋がって、生き物や地球について考えられたらいいなと思います。」とコメントし、ミキのお2人も「(動物のことを知ると)めっちゃ動物園に行きたくなってきた!参加できてめちゃめちゃ勉強になりましたし、とっても楽しかったです! 」と反応する等、終始和やかなムードの中、画面越しに繋がる新体験を楽しみました。



イベントの最後には、ココリコ田中直樹さんと参加した子どもたちがバンザイのポーズをとることで、スクリーンを通して、画面上でみんなの手と手が繋がって見える“オンライン・バンザイ”で記念撮影をして終了となりました。
大勢でどこかに集まることが難しい今、多くの子どもたちが自宅にいながらにして、新しい形でたくさんの人たちと“繋がる”場を提供することができました。





Translate »