2019年入社

小林 真理菜

株式会社プランニングオフィスエスエムエス
東京営業本部
企画仕入制作セクション
入社理由
昔からピアノをやっていて、長年イベントに出演する側だったため、イベントは私にとって非常に近い存在でした。働くなら絶対にイベント業界がいいと思っていたので直感的にここにしようと決めました。理由はいくつかあるのですが、SMSに決めた一番の理由は、一体何をやっているのかわからないほど幅広い業務があり、新人だろうと何だろうと、イベントの立案から制作、準備、設営、運営、撤去まで何でもさせてもらえるほど一人ひとりの裁量が多いところです。人より社会に出るのが遅かった分、ここなら社会人に必要なスキルが全て身につくと感じたのが大きな理由です。
仕事の内容
私は企画仕入制作セクションという部署に所属しています。ここでは企画を一から考えたり、講演会やセミナーなどのキャスティングをしたり、窓口となってタレント事務所とやりとりをしながらイベントの準備、ポスターやパンフレット、動画などイベントに伴う告知ツールの制作など幅広く行っています。パターンはあるものの毎回同じ作業は一つもなく、毎回悩みながら業務に取り組んでいます。チームの特徴でもありますが、とにかくいろいろな事務所の方とお話をしたり、ブレーンの方々とやりとりをしたり、多くの方との関わりがあって、緊張することも多々ありますが、毎日刺激があって楽しい事ばかりです。
仕事を通して一番嬉しかったエピソード
初めてイベントの現場に入った時、自分の会社がやっているイベントというだけで少し嬉しかったのですが、その後東京駅八重洲地下街での飲食店販促企画がスタートし、何もわからない中、必死でキャンペーンの制作を行ったのがとても印象に残っています。ポスターやパンフレットの制作、動画撮影、パンフレットに掲載するメニューの撮影など気が遠くなるほど多くの業務がありました。中でも、パンフレットの納品に合わせるためにデザイナーさんとやりとりをしながら制作を進めていたのですが、思うように進まず、入稿に間に合うのか毎日不安な日々でしたが、最後に完成したパンフレットを見たときは、安堵と嬉しさで胸がいっぱいになりました。その後キャンペーン中、八重洲地下街で自分たちが作ったあたり一面にずらっと並ぶ告知物を見たときは、本当に感動しました。
今後のビジョン
今任せていただいている仕事をきっちりできるようにするのはもちろん、今後は得意な音楽や語学などを活かした企画や、女性ならではの仕事ができたらいいなと思っています。また、せっかく企画仕入制作チームに所属しているので、今の環境を最大限に活用し、デザインの勉強やPR・広報の勉強もしていきながら、SMSに尽力していきたいです。